プルメリアウェディング 舞浜駅近くの二次会会場

幹事様お役立ちコンテンツ

HOME > 幹事様お役立ちコンテンツINDEX > 幹事様の体験談 ケース5 おすすめ二次会ファッション(女性編)

幹事様の体験談

おすすめ二次会ファッション(女性編) おすすめ二次会ファッション(女性編)

結婚式・披露宴から流れて二次会に参加という方も多い結婚式の二次会。
「平服でお越し下さい」と招待状にあった場合でも正装の方が多い中で浮かないように、かつオリジナリティあふれるお洒落をして二次会に参加したいのがオンナゴコロという物でしょう。ちょっぴり素敵な出会いも期待している女性には男性目線も気になるところ。今回は二次会参加の女性のファッションについて男性幹事様の体験談を語って頂きました。

おすすめファッション・NGファッション

おすすめファッション・NGファッション 堅苦しいルールはありませんが、少し背伸びをして高級レストランにディナーに行くといったイメージのファッションがおすすめです。フォーマルなワンピース、パンツスタイルでもお祝いの場であることを意識したきれいめのファッションにしましょう。
新婦様のカラーである白系の服装は避けます。出来れば写真撮影の際に白く映ってしまう明るいベージュもNG。肌の露出も出来るだけ控え、ノースリーブのワンピースを着る時に羽織物は必須です。冬場に多いファーを使ったファッションも出来れば避けたいところ。ファー=動物の毛から殺生を連想させ、お祝いの席にはふさわしくないからです。NGファッションをおさえつつ、シルエットや素材、小物にこだわってオリジナリティを出しましょう。

幹事様の体験談①

中学時代からの友人に結婚式の二次会の幹事を頼まれ、引き受けることになりました。
ファッションに関しては男性はスーツさえ着ていればまず間違いないのですが、女性は色々と決まり事が多そうで大変ですよね。新婦が社会人一年目ということで、学生のノリに近い女性が多かったように感じました。目についたのは、始めて結婚披露宴や二次会に参加したんだな、という方。リクルートスーツにコサージュをつけて参加している子、普段着っぽい雰囲気の子、露出多すぎで目のやり場に困っってしまう子がいました。女性がミニワンピを着ていると、男性としてはどうしても目がいってしまうので、新郎新婦が主役のお祝いの場ではNGでしょう。リクルートスーツの子は色味をもう少し気にしてくれたら場に沈まない気がするし、普段着っぽい子は祝福の気持ちを疑ってしまいます。無難な方向を選ぶとしても華やかなワンピースの方が男性としても幹事としても嬉しいです。

幹事様の体験談②

大学時代、サークルで一番仲が良かった友人が結婚するということで、結婚式の二次会の幹事を引き受けました。
男性の二次会の女性を見る目というのは事実上合コンの意味合いも否定出来ません。なので女性のファッションはTPOを守っているかどうかはもちろん、小物までチェックしている人は意外と多いんですよ。フォーマルな場にはクラッチバッグや小さめのハンドバッグがいいですね。小さなバッグは女性らしいし、男性目線としてはフォーマル=小さなバッグだから違和感がありません。女性は沢山荷物がある方が多いから、上着や荷物を入れたバッグはきちんとクロークに預けているとスマートでしっかりした女性のイメージがありますね。大きなバッグを足下や腰の後ろに置いておいて、終始気にしてる姿はあまりスマートとは言えないかな。色はシルバーや黒などの控えめなカラーがいいです。若い女性のショルダーバッグの斜めがけは男性は大好きだけど、そこが気になっている男性は、逆にバッグ斜めがけの女性がどんなファッションをしていたか覚えてなかったりします。

幹事様の体験談③

専門学校で在学中ずっと片思いしていた女性とやっと思いが通じ合って結婚するという報告を友人から受けて、お祝いしたい一心で二次会の幹事を引き受けました。
二次会参加者はほぼ専門学校の元クラスメート。自分が学生時代に気になっていた女性も参加するということでかなり気合いを入れて行きました。ウエストがシェイプされた、ふわふわシフォン素材のスカートのワンピースや、淡い色合いのつやつやしたカクテルドレスの女性は、ついつい目が引きつけられてしまうのですが、気になっていた女性はパンツルック。細身のラインでキレイな印象。色や素材も洗練されていて小物の差し色も素敵なんですが・・・。あまりにもメンズライクでちょっとがっかりでした。パンツルックなのはかっこいいのですが、女性らしいラインが全体を包むように、透け感のあるトップスだとか、デコルテが少し開いているとか、腕を見せるようにすると男性としてはグッと来ますね。

幹事様の体験談④

会社の同僚が結婚すると言うことで、同僚数名と結婚式の二次会の幹事を引き受けました。
二次会出席者は新婦の友人や職場の同僚もチラホラいましたが、ほとんどが新郎の会社の同僚。年齢差にばらつきはありましたが、会社の飲み会状態でした。新婦側の手前、結婚式・披露宴に参加しなかった女性陣も二次会からいつもとは違う華やかなファッションで参加してくれました。20代の女性達はシフォン素材のワンピースがほとんどだったと記憶しています。靴がぺたんこの子やストッキングもはいていない子は、もう少しフォーマルな装いを勉強してきて欲しかったです。華奢なピンヒールのパンプスは男性目線を奪います。ただし、かっこよく歩いて欲しいですね。個人的にグッときたのは30代女性のカシュクールワンピース。色は落ち着いたちょっとくすんだ感じのピンクで、ウエストがキュッと締まっていて、大人の女性っていうイメージ。デコルテ広めでウエストがフィットしているワンピースとか、ウエストマークしてるAラインのワンピースとかは女性らしくて男性は好きですよ。

幹事様お役立ちコンテンツINDEXへ戻る
TOP